キャバ嬢がアフターを嫌がる理由は?

お店がオープンする前から顧客と食事や買い物を楽しみ、お店が開店した時間を見て顧客と一緒に出勤する「同伴出勤」はキャバ嬢の成績としてカウントされ、後でしっかり報奨金も頂けるのですが、同じプライベートな時間を割いてもあまりキャバ嬢から喜ばれないサービスです。

それが「アフター」です。
お店が終わった後に顧客と食事をしたりお喋りをする事ですが、同伴出勤のように営業成績にならない上に報奨金もありません。
アフターは完全にお店と関わりのない、個人的な接待です。
だからアフターが終わった後にお店のスタッフが自宅まで送ってくれる事もまずありません。
成績としてカウントされず報奨金も出ず、さらに送りもなくプライベートな時間もなくなるわけですから、キャバ嬢にとってほぼメリットはないのです。

ただキャバ嬢が積極的に顧客をアフターに誘うケースがあります。
それはお店での接客時に指名客が多く、馴染みの顧客とゆっくりお話が出来なかった時です。
お店でじっくり話が聞けなかった分、時間外にお得意様との交流の時間を設けるわけですね。
また「この顧客とは親密になりたい」と思ったお客さんをアフターに誘う事もあります。

太客になってくれそうな顧客なら、時間と手間を掛けても自分の顧客にしておきたいと思うものです。
ただこれらの例はあくまでも特別です。

お客様にとってアフターはメリットが多い

ではお客様にとってアフターにはどんな意味があるでしょうか?
気になるキャバ嬢やお気に入りのキャバ嬢と店外で食事をしたりお喋りが出来るのは、顧客にとって最大のメリットです。

お店の中では他のお客様もいるため、ゆっくり話をする時間が持てないものです。
だからキャバ嬢が特別に時間を割いてお付き合いしてくれるのはかなり嬉しいです。
またお気に入りのキャバ嬢を短時間とは言え独占出来るわけですから、満足感は非常に高くなります。
個人的な話も出来ますからますます親密になれる可能性大。

だから顧客の側からキャバ嬢に

「アフター、どう?」

と誘う方がいるんですね。
顧客から見れば無料でキャバ嬢と遊べるわけですからお得です。でもアフターにお付き合いしすぎると

「お金を払ってまでキャバ嬢と会う必要ないかな」

と思われてしまいます。
安いキャバ嬢だと思われないように、店外でお付き合いする顧客は厳選するのが基本になります。
アフターはキャバ嬢にとってメリットが少ないので、お断りしても構いません。