お客様に上手におねだり「ドリンクバック」と「ボトルバック」

キャバクラでキャバ嬢が飲むドリンク、アルコールの有無に関わらず飲み物は全て顧客が支払う事になっています。

どれだけ原価が掛かっていなさそうに見えるウーロン茶やジュース類であっても、1杯1,000円は下らないので驚きます。
かなり高いドリンクですが原価は殆ど掛かっていないので、丸々お店の儲けになります。

つまり1杯1,000円以上するドリンクをどれだけ顧客に奢らせるか上手くおねだり出来るかが売り上げに貢献出来るキャバ嬢かどうかの分かれ目になってしまうんですね。
もちろん顧客が奢ってくれるのはグラス1杯のお酒だけではありません。
顧客が日本酒や焼酎、ブランデー、ワイン、ウイスキーなどのボトルをキープした時も、その場にいたキャバ嬢の成績になります。
顧客がボトルキープしたのは、接客していたキャバ嬢の努力があったからこそです。

特にワインやシャンパンは一度開けると日持ちがしませんので、その日のうちに飲み切る事になります。
お祝い事(キャバ嬢の誕生日やクリスマスなど)はシャンパンを開けるのが一般的です。
1本数万円するシャンパンもありますので、イベントはキャバ嬢の稼ぎ時なのです。

ドリンクをおねだりしたりボトルキープをしてもらうと、キャバ嬢の報酬に「ドリンクバック」「ボトルバック」と呼ばれる報奨金が加算されます。
ただドリンクバックは200~300円前後、ボトルバックの場合、本指名された場合のみなどバックの金額や条件は各店舗により差があります。

一生懸命ボトルを入れてもらえるように努力しても「本指名じゃないから、どれだけボトルを入れてもらっても営業成績にならない」と言われるとガッカリですよね。
報奨金が入るものやその金額、条件などは本入店の前にちゃんと聞いておくと良いですよ。
できればメモをとっておきましょう。

そのほかにどんなバックがあるの?

報奨金が入るものは他にも、同伴出勤した場合場内指名がもらえた場合本指名してもらえた場合などに加算されます。

お店によっては「本指名に対して1,000円の報奨金を出すが場内指名の場合は報奨金の支払いはない」など、独自のルールもあります。
時給以外にもこれらバックが加算される事でキャバ嬢の収入もどんどん上がっていきます。

もしたくさんお金を稼ぎたいなら、

  • 本指名をたくさん取る
  • 同伴出勤する
  • ボトルをたくさん入れてもらう
  • ドリンクを奢ってもらう

などの努力が必要ですね。
キャバ嬢として成功するためには、一人でも多くの顧客を自分のファンにする事。
そのための努力を惜しんではいけません。