どんな時に罰金って取られるの?

キャバクラで罰金を取られるケースは大きく分けて2つ。それは…

  1. ルール違反をした
  2. 売り上げ未達

ルール違反についてはお店によって違いがあるため、入店するお店で詳しく話を聞く以外にありません。
ありがちなのは「無断欠勤」「無断遅刻」ですね。

急に体調が悪くなりお休みしなければならない事もあります。
これは一般の会社でも同じ事です。
この場合、店長など上司に「今日は体調が悪いのでお休みさせてください」と理由を説明すれば、基本的に罰金を取られるような事はありません。

ただ無断で仕事を休んだり遅刻をすると罰金を取られてしまうお店もあります。
一般の会社では遅刻をしたからと言って罰金を徴収される事はあり得ませんので、キャバクラ業界独自のルールとも言えそうです。
もちろん無断欠勤したからと言って罰金を取るお店ばかりではないのですが、あまりに無断欠勤が多いとクビになってしまう事もあるので要注意です。

特にお子さんが小さく、急に熱を出したり体調を崩したりで休まなければならなくなるママさんは、事前にお子さんがいる事や急に休む可能性がある事などを面接でしっかり説明しておく方が良いです。
理解のあるお店は「急に休んでも大丈夫ですよ。罰金はありません」と言ってくれます。

熟女キャバクラの場合、子育てとキャバ嬢を兼業されている方もかなり多いので、出来るだけママキャバ嬢の多いお店を選ぶと良いですよ。
同じ境遇の方が多いとお休みしやすいですし、お店の方も事情が分かっているのでトラブルになりにくいです。

一部のお店では2番の、売り上げ未達で罰金を徴収するケースもあります。
無断欠勤が多く売り上げが少ないと「逆にお店にお金を払わなければならなくなる」と言う最低な事態に陥る事もあるため、お店が罰金制を採用しているのかどうか、罰金が科せられるのはどんな時かを事前に聞いておくと揉めません。



店内で恋愛関係に!バレたら「退店+罰金」のケースも

キャバクラで働くキャバ嬢は女性ですが、店舗スタッフは黒服とも呼ばれており、黒服役の男性スタッフも多く在籍しています。
お客様をテーブル席に案内し、キャバ嬢をどのテーブルに配置するかなどかなり重要な仕事をしています。

この黒服とキャバ嬢が恋愛関係になってしまうケースもあるのですが、そうなると問題が起こりやすくなります。
黒服は女の子を顧客のテーブルに配置する仕事をしていますので「恋人のA子を太客になりそうな優良客に近づけたい」と、わざと恋人を優良客のテーブルばかりに付け、恋人以外のキャバ嬢を適当に割り振るようでは不公平です。
このようなトラブルが起こらないように、黒服とキャバ嬢との社内恋愛が禁止されたお店が殆どです。

もしルールを破れば退店するのはもちろん、お店に罰金を支払う可能性も出てきます。
「やっちゃダメだよ」と言われた事は絶対に手を出さないように。
それが長く仕事を続けるコツです。